名古屋で人気の医療脱毛

間違った脱毛後による埋没毛処理の方法

本来の出口である毛穴がふさがったことが原因で皮膚の下で生えているのが埋没毛です。その主な原因がカミソリや毛抜きなどを使った間違った自己処理です。カミソリによって毛の断面がとがったことで本来の出口の毛穴ではなく、皮膚を突き破って生えてしまった。もしくは毛抜きで毛を抜いた際に毛穴が傷付きその傷が癒える過程で毛穴がふさがったために出口をなくして皮膚の下で生えている。

この2つが主な原因として考えられます。埋没毛処理のために自分でほじって毛を抜く方がおられますが、傷跡が残る可能性が高いのでやめましょう。おすすめが光脱毛です。光脱毛とは光を当てて毛根を処理する脱毛方法です。

肌のターンオーバーとともに死んだ毛根が徐々に肌表面に押し上げられてくるので埋没毛処理にはもってこいなのです。ただ、あまりにひどい埋没毛の場合、光脱毛では処理できないことがあります。その時は自分でほじったりしないで、皮膚科で切開して適切に処置してもらうのがいいでしょう。このように埋没毛処理は自己判断で行わないこと、そして埋没毛になるような処理の仕方をしないのが一番です。

エステに通う余裕がないならおすすめのセルフケアがカミソリです。乾燥した肌に保湿クリームを塗って肌を潤し、カミソリの刃を毛の流れに沿って滑らす方法なら埋没毛はできないはずです。毛抜きも正しく使えばいいですが、こちらはなかなか難しいのでカミソリでの処理がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です