映像制作を行うのに適したパソコンの選び方

映像制作は、企業向けのコマーシャルや映画・ドラマなどの映像作品を作る為に行われます。現在の映像制作は、必要な映像を一通り撮影してから、パソコン上で編集作業をして完成を目指すのが一般的です。映像制作を進めていくには、パソコンの能力の高さによっても進度が変わってきますので、制作向けのパソコン選びが重要になってきます。映像制作をする際に必要な物としては、パソコンの他にも編集ソフトがあります。

編集ソフトには、映像の部分毎にエフェクトをつける事が出来るようになっていますが、エフェクトをつけてプレビューで再生したり、レンダリングやエンコードを行うには、マシンに相応のパワーが求められます。高度な機能を持った動画編集ソフトを快適に使いこなせるようにするには、プロセッサやグラフィックボードが高度な処理を並列処理出来るだけの高い性能を持った物を選択し、メモリを出来るだけ大容量に増やしていく事が肝になってきます。3DCGを使った作品の場合、3Dモデルを制作するのに必要なレンダリング作業がありますので、これを短時間で行うには高性能なマシンが必須となります。また、映像制作における作業では、常に大容量のファイルを保存する為のストレージが必要になりますので、SSDとHDDの組み合わせでシステムを構築していけば良いです。

映像作品を魅力的な物にしていくには、編集作業が重要になってきますので、快適に作業が出来る環境を構築していく事が大切です。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 東京Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website