身近な存在になった映像制作

映像制作と聞くと、素人には難しいものと思われがちですが、実は最近ではパソコンやスマートフォンなどの普及によって映像制作はとても身近なものになってきています。例えば、家庭でも良く使われているWindowsのパソコンには、デフォルトで映像制作ができる「ムービーメーカー」というソフトが搭載されています。このソフトでは、静止画やあらかじめカメラなどを使って撮影したビデオを繋げて簡単に映像を作ることができます。また、ただ紙芝居のようにつなげるだけでなく、エフェクトや効果音、BGMなども挿入するだけで付け加えることができますので、少し凝った映像を作ってみたい方にもおすすめのソフトです。

初めて映像を作る方や操作に慣れていない方でも導入しやすいように様々なテンプレートが用意されていたり、画像を読み込むだけで簡単なスライドショーを作る機能も搭載されています。さらに、ムービーメーカーでは、作った映像作品をDVDに書き込むことも可能ですので、思い出の写真や映像を一つのDVDにまとめて贈るといったような使い方もできます。そのほかにも映像制作のできるソフトは様々なものが提供されています。中には有志で作られたフリーソフトながらも、とても凝った映像制作ができるソフトもリリースされています。

最近ではスマートフォンやタブレット向けの編集アプリもリリースされていますので、スマートフォンなどで気軽に撮った写真や動画を一つの作品に仕上げてみるという方も多くいます。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 映像Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website