映像制作の見積に於いて犯しやすい間違いは

映像制作を請け負う場合には、相手に対して見積を提出する事になります。その金額が発注する側にとって納得できる場合に初めて商談が成立することになりますが、その際に犯しやすい間違いがあります。それは、映像制作以外に掛かる費用を見落としてしまう事です。映像制作を行う場合にはさまざまな作業が必要になります。

商談を行う際の交通費などの経費や、事前の調査費用などがこれに該当しますが、直接撮影や編集といった作業とは異なる性質のものであることから、忘れてしまうことも多いのです。さらに、これらの費用は受注したもの一つ一つに分割する事が難しい上、顧客から見た場合に依頼していない作業とみられる場合も多いため、直接項目として見積書に記載できないことも多いことからついつい抜け落ちてしまうことも少なくありません。しかし、これらの作業の費用をしっかりと計算しておかないと、実際に映像制作を行う際に赤字になってしまうことが多い上、後で請求することも非常に難しくなります。その為、事前に映像制作の費用の中に一定の割合で組み込んでおき、見積書にはその費用として計上する事が良く行われます。

実際に顧客との商談は必要ですし、事前の調査も必要で、これらがしっかりと行われていないと顧客の要望に応える品質が維持できないことが多いのです。これらの作業は一見実際の作業とは関連性の内容に思われるものですが、これらの費用をきちんと見積の中に組み込んでおくことが安心して顧客の要求に応える品質の映像を作成するためには非常に重要です。動画制作のことならこちら

Filed under: 制作, 動画制作, 映像

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website