映像制作会社の見積の違いとは

インターネット回線速度が日々向上し、動画サイトの台頭によって、専門の映像制作会社でなければ作ることができなかった動画が、一般の人たちでも手軽にできるようになりました。多くの企業で、自社の広告動画を映像制作会社にではなく、個人の動画配信者に依頼し、コストを抑えようという動きもあります。そのような現状で映像制作の費用の見積はその金額の差が激しく、分かりやすい相場というのがありません。同じ内容で依頼を下にもかかわらず、見積の結果が会社によってバラバラで、それがどういうふうに仕上がりの映像の品質に影響してくるのか、分かりにくいところがあるのも事実です。

求める映像を手にするために、それぞれの値段の内訳を知る必要があるでしょう。まず、値段の差は主に人件費と、使用機材によって大きく差が出ます。一本の映像を制作するのには、多くの人材が必要です。企画、構成をする人や、映像監督、カメラマンにナレーター費、編集に音響と、たくさんのマンパワーが必要となります。

これらの作業をそれぞれのプロに任している映像制作会社の見積もりは値段が高くなります。費用を安く抑える制作会社は、これらの作業を限られた人数で振り分けて、ナレーターと編集、音響と監督、など、一人あたりの負担を増やすことでコストを押さえています。見積の違いにはこのような差があることを理解した上で、求める映像のクオリティのレベルがどれくらいのものなのかを照らしあわせて、映像制作会社を判断すると良いでしょう。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 映像Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website