ビジネス等における映像制作の見積

商品の説明や宣伝、会社のプローモションビデオなど目や耳などの感覚に訴えかけることができるのが映像です。視覚、聴覚などで仕入れた情報はただ耳で聞くよりも記憶に残りやすいのです。しかし、映像制作は自社でするとなると、どこから手をつけていいのか、どんな風にすればいいのかなどの技術面、企画力などが求められます。本業をこなしながら映像作品を作り上げるのはとても困難なことといえます。

なので、映像制作を生業にしている会社に委託しようと考えた際に見積をかけ、相みつをされる会社が多いことでしょう。しかし、この見積ですが映像制作においては同じような内容を委託しても会社により結構な差がでてくるのです。もちろん、同じ映像なんだから安いのでいいと安い見積の会社を選択すると後悔することがあります。安いところでは高いところに比べ、そもそもの使用する機材のグレードや入っていないオプションなどがあることがあります。

機材で言えば、カメラがハンディ(家庭用)なのかプロ用のカメラを使用しているのかで映像の質が左右されます。そのほかにも納品の際のメディアの種類の違いなどもあります。逆に言えば、高い方はもっと簡単でいいのに思ってしまったり、自分たちにとって不要なものが附属している場合もあるのです。値段だけで考えるのではなく、何が必要で何が不要かを見極めた上で見積を比較する必要性があります。

もちろん、委託する会社との相性も大切です。見積金額だけでなく自分たちが制作してほしい映像の形が納品の際に大きな差異がないように選ぶことが大切であるといえます。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 映像Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website