取りたい内容によって大きく変わる映像制作の見積

映像制作の見積もりは、どんな内容にするかによって企画や撮影、編集それぞれの料金が決まっていくため、はっきりとした内容がまだ決まっていない段階で依頼してしまうと大まかで簡易的な内容になってしまい、後から追加費用がかかってしまう心配がありますから、十分に中身を煮詰めていく必要があります。すべてグラフィックで作ることもできますし、撮影を行うときにはその場所も重要です。屋外で撮影するのかスタジオを借りるのかでも違ってきますし、制作会社のスタジオも広さなどによって価格が違ってきます。ハウススタジオなど、一軒家をまるごと使った撮影も出来るわけですから、内容が決まっていないと撮影場所も選べません。

映像制作の見積もりでは、人件費も大きな割合を占めます。カメラマンや編集、ディレクターなどからナレーターが必要になる場合もあります。内容によっては、役者さんを依頼する必要性も出てきます。会社紹介に利用したり、イベントでの活用、結婚式の披露宴で二人の馴れ初めを紹介したり、WEB上で宣伝に使うなど、いろんな活用シーンがあります。

自分たちで内容を決められないときには、制作会社に目的を伝えてストーリーを組み立ててもらう必要性もでてきますから、納入日ギリギリに頼むことがないように、日にちに余裕を持って依頼する必要があります。仕上がった映像をみて手直しが必要になる場合もありますから、一ヶ月以上は猶予があったほうが無難です。映像制作の見積もりで詳細が不明な場合には、逐一説明を受けたほうが安心です。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 東京Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website