映像制作の見積については

映像制作は商品説明やWebサービスの説明、コマーシャルフィルム、マニュアル説明、ゲームやアプリの紹介、記念行事の収録、イベントや展示会、あるいは講演会やセミナー、企業の紹介や教育研修、eラーニング、施設の紹介等色々な目的で制作されます。時間も15秒ものや30秒もの、それ以上の長尺ものなど種類も多くそれに従って時間に制約がある場合などスタッフの人数が変化したり手間のかかる場合もあります。映像制作では依頼者の希望内容によって見積予算も違って来ますし品質によっても大幅に見積予算が変わる場合もあります。撮影が1日で終えられる場合には企画・台本作成や撮影監督費等の企画と撮影に要する費用と、音楽使用料金を含む映像編集費用、それに制作進行管理費やDVD作成などの雑費や実費が伴うこともあります。

映像制作の見積内容としては企画では企画・構成費、ディレクター費、シナリオ作成費、撮影では撮影機材費、カメラマンの費用、アシスタントの費用、撮影メディアの費用がかかってきます。さらに技術では照明技術者費用やビデオ技術者費用、クレーンなどの特殊機材費、出演者に依頼する場合にはエキストラを含めた出演料やヘアメイク、スタイリストなどの人件費がかかってきます。編集段階では映像編集費やグラフィックの作成、2Dや3DのCG制作費、BGMや特殊効果、音響効果などの費用がかかってきます。ナレーションが必要な場合にはナレーターの費用とスタジオでの収録費用、メディア制作ではオーサリング費用やエンコード、ジャケットのデザイン費用やマスター作成費、メディアの複製費用がかかってきます。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 映像Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website