意外と重宝する小型船舶免許

船舶免許というだけで難易度が高そうだし、富裕層の楽しみでは?と思う方もいるかもしれません。確かに船舶は小型にしても高い物ですし、本体だけではなくランニングコストもかかります野でそのことも考えて購入しなければなりません。停泊させておく事になれば、停泊料金も毎月掛かることになりますので要注意です。メンテナンスや修理も車よりかかることが多いですし、専門期間に出すということも考えて購入します。

その費用を払うことが出来ないけれど操縦はしたいということでしたら、まずは2級の小型船舶免許を取得してからレンタルで乗るというのも一つの手段です。レンタルの時代でもありますし、何でも借りることが出来ます。小型船舶も貸してもらえるショップがありますし、購入して毎月のランニングコストがかかることを考えたら安い物です。さらに水上バイクに関しても特殊小型船舶免許が必要になりますので、その免許も一緒に撮ってしまうことをお勧めします。

1級2級の小型船舶免許とは別になりますが、オプションで一緒にとることも出来ますのでチェックしていきましょう。水上バイクは小型船舶とはまた違って、スピードと爽快感を楽しむものです。病み付きになる方も続出していますし、非日常的な楽しさが追及出来るのが特徴です。色々な趣味がある中で、今とても注目されていますし人気の趣味です。

レンタルで乗ることも出来ますので、まずは特殊小型船舶免許を取得していきましょう。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です