船舶免許で自分を見直す

船舶免許を習得したのち、船を買って海を航海することは人生の中でいちばん楽しいことであると思います。そのような気持ちであると、日頃のストレスを解消してくれますから健康によく、明日への活性化につながります。広くて誰にも邪魔されない海を航海していると、自分の人生について考える、あるいは没頭することがあるでしょう。過去を振り返りあのようなことであった、あの頃は楽しかったなどいろいろなことが脳裡をよぎります。

そのように考えると、まさに自分の時間だけを消費して有効な時間になっていると思ってもいいでしょう。普段は自分を見直すことはないので、このような時間を活用して自分のことを考えてください。この場だからこそ出来るのであって、他では出来ないかもしれません。船舶免許を取る前にそのような考えを持っている人はまずいないです。

船舶免許習得後、航海している最中に感じることであります。まさに船がもたらす力ははかりしれないものがあります。海への感謝と、自分が今まで生きてきた感謝の2つが組み合わさっているのです。今後の自分の人生を考えるときにまずは自分という存在を思うことにつながります。

哲学的なことになりますが、その哲学的なことに興味を抱く人もいます。海や船に関連して、自分という一人の人間の世界観であり思想でもあります。価値観や考え方にいろいろな違いがありますから、定義というものがないのです。決めるのは自分ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です